Teddy bear’s house 1

Teddy bear

Hi! My name is Buna…from London…

このテディベアのために作り始めたミニチュアです。
家具は夫が(⋆)、小物は私が担当しています。
ドールハウスは1/12サイズが普通のようですが、
これは約1/6サイズにしています。
今は、山小屋の一角に並べて楽しんでいますが、
この家具を入れる家を建てたらどうかしら?
などと想像を膨らませています。

(⋆) 夫は、『どんぐり工房』と名付けて
2002年から木工を続けています。
イギリスのアンティーク家具、それも 庶民の生活の中で
伝えられた素朴な家具がお手本です。
友人の依頼で、希望に合わせて デザイン・制作と
コツコツ続けてきました。
山小屋の家具も自分たちに具合の良いものを考えて
作っています。
年齢に関係なくいつまでも楽しめると、夫は工房の仕事を
大切にしています。

Front door


 Front door

Stove 

Stove

Sink

Sink

Kitchen goods

Kitchen goods

クロスステッチの布箱

Cartonnage box 

Cartonnage box

カルトナージュの布箱

cartonnage box

 

この布箱のデザインは、『Cartonnage Brodé au fil des boîtes』
という本に載っていたものです。
同じ材料、技術、というわけにはいきませんが、それらしく
作ってみました。
リスのクロスステッチは、スウェーデンの伝統的な
図案の本で見つけたものです。

Cartonnage box

Cartonnage box

 

カルトナージュの箱たち

大小の紙箱

Cartonnage boxes

                一番小さい箱は、ドングリカード用に作ったサイズですが、ほかの
使い道はないものか、と考え、クリップなどを
入れてみました。大きい箱は”情報カードサイズ”(死語かな?)
レシピカードなどが入ります。

 

カルトナージュ ハガキ入れなど

Cartonnage 1

             ポストカード用と、その半分サイズのミニカード用ケースです。
用途に合わせて、厚紙を切って作る、まさに工作そのもの。
部屋中に紙と道具が散らかって、足の踏み場がなくなってしまいます。
綺麗に仕事をできないものか…

 

リス柄の箱

Cartonnage Paper,wild animals

             ここにもリスです!カルトナージュ用のプリントペーパーは、
たくさんの種類があり、眺めているだけでも、時のたつのを
忘れる、というところです。
でも、箱に貼る段階になると、どの柄を優先するかで、
考え込んでしまいます。結局、細かい切れ端まで、
まだ使えそう、と貯めこんで、身の回りは、
片付きません。

ドングリカード

どんぐりカード

Acorn card with case

     手描きのドングリカード(5㎝角)と、それを入れる

ための小さい箱。

目的に合った、形、サイズの紙箱を作るのは、楽しみです。

貝殻のリース

貝殻のリース

Wreath with sea shells

海岸で拾い集めたいろいろな貝殻を、くっつけてみました。家族みんなが、それどころから、祖母の代から、貝殻を見ると拾ってしまう習性があり、箱や、キャニスターに入ってあちこちに置いてあります。少しは何かに利用しようかと、作ってみたものです。

 

リース

Wreath

 

刺繍のクルミボタン

クルミボタン

Buttons with small embroiderd flowers.

ヴィクトリア朝の刺繍の本に、こんなクルミボタンが

ありました。可愛い!と真似して作ってみたものの、

使い道無し、と思っていたら、娘がゴムをつけて髪留めにしていました。