9月の林縁

ノハラアザミ、チョウセンゴミシ、ノイバラ

Cirsium oligophyllum, 
Schisandra chinensis, Rosa multiflora

この時期、散歩していると、輝く様な赤い色が目に入ります。
近寄るとチョウセンゴミシの実。
色々な木の実草の実が色づき始め、林縁を彩る季節になりました。
最近、植物は、かなりはっきりした色を持っている、と思うようになりました。
観念的に淡い中間色を使って描いていたかもしれない、見たままの色で描くとどうなるだろう、
という実験的な1枚になりました。

H.D.Thoreauの『野生の果実』という著書にはペン画のイラストが入っています。
それは精密でありながら植物の手触りのようなものが感じられ、素晴らしいな、と、
時々ページを開けて眺めています。

Chipmunk について

リスに会いたい一心で、『リスがいそうな場所』に山小屋を選んで30年余り。 山小屋で過ごすようになり、リスやさまざまな動植物と出会い、その姿を水彩画で残しておきたいと考えるようになりました。 『浅間山のふもとにて』(2004年 上毛新聞社) 『にほんりす』『Japanese Squirrel』(2014年 Photo Works) 上記3冊の絵本は、二ホンリスをご紹介する目的で作りました。 創作活動が、二ホンリスや身の回りの自然にとって、何かの役に たつよう、これからも続けていきます。 サイトをご覧いただいた方のご意見ご感想を励みに…
タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。